8月19日・・マクロビ料理教室

去年に引き続き、今年もヤマヒデホーム「秀夢 木楽館」でちび・てら料理教室を開催しました♪
c0219341_17172226.jpg


今回は八尾で自然農をされている森小百合さんをお招きしてマクロビ料理を教わりました。
マクロビでは、玄米菜食、その土地その季節に採れるものを、皮や種などもまるごといただきます。

メニューは・・
・玄米ライスバーガー
 たかきびハンバーグを挟んで
・ラタトゥユ
・そばサラダ
・ブランマンジェ

ラタトゥユに入れるピーマンはもちろん種まで使います。
青いピーマン(普段目にするもの)はまだ完熟していない実なので種も軟らかい、と森さん。
確かに食べる時もまったく気になりませんでした。

考えると種は豆と一緒で野菜の赤ちゃん。
その中には成長に必要な栄養やエネルギーが詰まっているはず・・有難く頂かなくちゃ。
c0219341_17264647.jpg

手が空いているママたちもお手伝い。
人参のみじん切りの方法など役立つ話を聞きながら料理が進んでいきます。
c0219341_17282219.jpg

森さんの娘さんも一緒にお料理♪
ブランマンジェを作っているところです。
このブランマンジェ、マクロビで作ると材料は・・白練り胡麻、粗糖、米粉、豆乳になります。
お味は・・濃厚な胡麻のクリーム!
甘さ控えめで子どもにも良さそうです。
c0219341_17323380.jpg

ライスバーガーを作っているところ・・
炊いたご飯に地粉と塩を混ぜて丸め、バーガー状に。
みんなで作るとバーガーにも個性がでて面白い^^
c0219341_1735219.jpg

出来上がり!
グラスに入っているのがラタトゥユ。
生姜が効いていて和風です。初めての味!
ラタトゥユはマクロビでお馴染みの重ね煮で作ります。
下から上に陰性から陽性の野菜を重ねてじっくり煮ると、少ない調味料でも驚くほど旨味や甘みが出るのです。
お盆明けの疲れた胃腸に染み渡りました。

森さんが用意されたレシピと一緒に添えられていた「料理を作るということ そして食べる、ということ」という文章。
こちらは胸に染み渡りました。

少し引用させて頂きます・・・

料理を作るということ そして食べる、ということー
それは命を頂くということであり命を継ぐこと、感謝することであり幸せを知ること
(中略)
身体を養う食、そして心を養う食というものはカロリーや栄養素といった数字に表すことはできないもので、命のあり方に心運び、私達の心身の状態を常に感じ取り、またありたい方向へと進むことができるのです。
そして一家の食の担い手として燈台のように目指す方向を指し示す私達でありたいと思います。

まずはじっくり噛んでゆったり味わいましょう
ありがとうございます


森さん、娘さん、どうもありがとうございました!

10月のちび・てらイベントの遠足は、森さんのお家を訪問させて頂くことになりました!
美味しいランチ付きですよ♪
詳しくはまたこちらでお知らせしますね。


この事業は赤い羽根共同募金の助成を受けて実施しています

お問い合わせはちびてらメール:youkoso-tibitera@yahoogroups.jpまで
[PR]
by chibi_tera | 2010-08-20 18:04 | イベント報告
<< 8月22日 ・・「こどもといっ... 8月の活動時間のお知らせ >>